2007年03月26日

モズクの収穫

 
モズクの収穫 潮にゆらり 南海の恵み 引用

URL http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/photorelay/syoka/050516.html

真っ青に透き通った海底。水深約五メートルに、長さ二十メートルほどの養殖用のネットが広がる。太さ一・五〜三・五ミリ、長さ三〇センチほどに成長したオキナワモズクがからみつくように生え、潮の流れに合わせてゆったりと揺れていた。

ここは、沖縄県本島中部の東側に位置する津堅島近海のモズク養殖場。

モズク養殖を始めて三代目となる宮城淳次さん(24)は収穫期の三月から六月まで、早朝から夕方まで海に潜り、モズクを専用のポンプで吸い取る。「今が旬。栄養たっぷりのスヌイ(モズクの方言名)を味わってほしい」と真っ黒に日焼けした顔で宮城さんは話す。

全国一位の生産量を誇る沖縄県。今では食用としてではなく、モズクの成分を原料に使う化粧品会社や研究所への出荷も行われている。

◆ モズクの収穫 琉球新報 (2005.5.16 ) より引用


ラベル:モズクの収穫
posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。