2007年05月30日

フコイダンの原料であるモズクの大量生産が可能に

 フコイダンの抽出元原料であるモズク。モズクの養殖の歴史は僅か30年ほどです。相当の歴史があるわけでは無いのです。それぞれのモズク類の養殖技術が各産地で研究されましたが、その中でも先んじて大量生産に成功したのがオキナワモズクでした。1960年代に自然食ブームが起こります。モズクの需要も一気に高まりましたが、乱獲によって生産量は逆に低下していました。

 そんな折、いち早くモズク養殖の研究を積極的に行ったのが鹿児島水産試験場でした。次いで沖縄県でもこの研究に積極的になりました。沖縄の研究者は試行錯誤を重ね、海底に網を張ってオキナワモズクを着生させさせる方法を考案しました。1980年には奄美大島で200トン、沖縄県では2,700 トンもの収穫に成功したのです。

 しかしその反面、これだけ大量のモズクが一気に市場に流入したことにより、相場が大幅に下落、大混乱を招きました。その後、流通経路の整備や新商品の開発等に努め、モズク酢の大ヒットで「家庭用インスタント食品」として全国に流通するようになりました。

引用先
http://www.dewanofuji.biz/11/post103.html
ラベル:フコイダン
posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

<抜け毛>オキナワモズク (沖縄もずく)に抑止効果 !!

<抜け毛>オキナワモズクに抑止効果 ライオン生科研が発見
3月26日18時43分配信 毎日新聞より引用


 男性の「抜け毛」を加速させるたんぱく質を、ライオン生物科学研究所(神奈川県小田原市)のチームが見つけ、26日発表した。男性ホルモンの作用でこのたんぱく質が過剰に働き、毛根にある毛母細胞を不必要に「自殺」させるとみられる。28日から富山市で開かれる日本薬学会で紹介される。
 同研究所の栗田啓・副主任研究員らは、毛髪が適当な時期に抜けるようコントロールしているとみられるたんぱく質「NT―4」に着目。人の毛母細胞にNT―4を加えると、「アポトーシス」と呼ばれる細胞死が、加えない場合の8倍に上った。
 さらに、毛母細胞を作る「毛乳頭」では、男性ホルモンがNT―4遺伝子を作動させ、NT―4が過剰に生産されていることが確かめられた。
 これらの結果から、NT―4は男性ホルモンによって働き、毛母細胞を不必要に細胞死させることで脱毛を加速している、と結論付けた。
 研究チームは、NT―4の働きを抑える物質を、生薬や植物、海藻など約300種類の候補から探し出し、オキナワモズクの抽出成分が有効であることも見つけた。マウス実験で、この成分を体に塗ることで有効性が確認されたという。ライオンは「人での効果を試し、育毛剤として商品化したい」と話している。【元村有希子】

posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

これが髪の毛のメカニズムだ 抜け毛がおこるのは、なぜ?

j0402574.jpg


佐藤 明男 先生記事より引用

URL http://allabout.co.jp/mensstyle/menshair/closeup/CU20040511C/


髪はなぜ抜けるのか、そのメカニズムをご存知ですか? ヘアケアのノウハウの基礎を支えているともいえる髪の毛のメカニズム。少し専門的で難しいかも知れませんが、それを知ることで、あなたのヘアケアは大きく前進するはず。今回は髪の毛の一生と、抜け毛が起こる理由をご覧ください。

posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所 体細胞を用いたオキナワモズク属の1種の種苗生産  増養殖担当 吉見 圭一郎様うより転載

徳島県立農林水産総合技術支援センター水産研究所

体細胞を用いたオキナワモズク属の1種の種苗生産

増養殖担当 吉見 圭一郎様より引用

URL http://www.green.pref.tokushima.jp/suisan/zoyo/zoyo_topic012.html

徳島県立農林水産総合技術センター水産研究所では,太平洋沿岸部に適合した藻類の増養殖技術を開発中です。現在,クビレヅタ,フトモヅク,ヒロメを現地へ導入しようとする動きがあり,今後はその普及が期待されます。
 海藻の栽培は,種苗の確保から始まります。次に播種(はしゅ。種付けの意)の技術を開発することで,はじめて海面での試験に移れます。この種苗生産や播種技術の確立には手間暇がかかるので,現場からの要望に即応するには,常日頃から「海藻の種」と「話題のネタ」を仕込んでおく必要があります。このような考えのもと,技術的な側面から水産振興を図る行政機関として,いくつかの有用藻類の種苗をストックしているところです。ここではオキナワモズク属の1種 Cladosiphon sp. を取りあげて,体細胞を用いた種苗の生産を紹介します。


藻体の採取
 海部郡海南町の大砂海岸において,天然に繁茂する藻体を採取しました。その外観はフトモヅクに似ていますが,組織を検鏡したところ,オキナワモズク属の特徴を有していました(写真1)。なお,本種はキシュウモヅクCladosiphon umezakii が提唱されています。現時点では学名の記載がされていないので,ここではオキナワモズク属の1種として取り扱います。この海藻はつるつる,こりこりした食感と適度な太さのバランスがよく,現地で採取できるモヅク類のなかで一番おいしいそうです。実際に食べると,「なるほど!」と感じるものです。定番の酢の物やスープはもちろん,雑炊の具にもピッタリです(写真2)。2〜4月頃に採取された藻体は,公設市場や業者に卸されますが,流通量がごく少ないために,一般には手に入りにくい海藻となっています。なお,今年は豊作なので,かなりの量が出回っているようです。この機会に一度いかがでしょうか。


posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モズクの収穫

 
モズクの収穫 潮にゆらり 南海の恵み 引用

URL http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/photorelay/syoka/050516.html

真っ青に透き通った海底。水深約五メートルに、長さ二十メートルほどの養殖用のネットが広がる。太さ一・五〜三・五ミリ、長さ三〇センチほどに成長したオキナワモズクがからみつくように生え、潮の流れに合わせてゆったりと揺れていた。

ここは、沖縄県本島中部の東側に位置する津堅島近海のモズク養殖場。

モズク養殖を始めて三代目となる宮城淳次さん(24)は収穫期の三月から六月まで、早朝から夕方まで海に潜り、モズクを専用のポンプで吸い取る。「今が旬。栄養たっぷりのスヌイ(モズクの方言名)を味わってほしい」と真っ黒に日焼けした顔で宮城さんは話す。

全国一位の生産量を誇る沖縄県。今では食用としてではなく、モズクの成分を原料に使う化粧品会社や研究所への出荷も行われている。

◆ モズクの収穫 琉球新報 (2005.5.16 ) より引用


ラベル:モズクの収穫
posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄産「乾燥板モズク」

<抜け毛>オキナワモズク(沖縄もずく)に抑止効果あると発表された、
オキナワモズクの製品です。


沖縄産乾燥モズク50g【海藻問屋『自然☆健康・倶楽部』】


沖縄産「乾燥板モズク」は水又はお湯で戻すと約30倍に増え、しかも歯ごたえがあります。(塩抜きの必要はありません) 1枚の乾燥モズクで約5人分の料理が出来ます。それを目安にカットしてお使い下さい。
料理する前に、ボールに乾燥モズクを入れ、水又はお湯を注ぎ、水では10〜15分、お急ぎの場合は熱湯に3〜5分浸し箸等でほぐして下さい。 使いい残したモズクは水切り後タッパーに入れ冷蔵庫に保存して下さい。
posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フコイダンエキス原末 カプセル

<抜け毛>オキナワモズク(沖縄もずく)に抑止効果あると発表された、
オキナワモズクの製品です。



■顆粒の味 カプセルでは味はわかりませんが、顆粒は、ちょうどインスタントのダシの素のような味です。 決して、不味い味ではありません。 そのままでお召し上がることをお勧めします。 定期的に継続して摂取することが、非常に重要なことになります。 であるならば、「味」が良いことに越したことはありません。 ■海藻は嫌い という方は、カプセルをお勧めします。 とくに、海藻の好き嫌いはないという方には、顆粒を強くお勧めします。 ■沖縄モズク由来フコイダンはスゴイ! フコイダンはアラメ、ホンダワラ、コンブ、モズクなど多くの海藻頬に含まれていることがわかっています。 しかし、オキナウモズク以外の海藻類ではフコイダン含有量が低く、抽出過程が複雑であるのに対し、オキナワモズクは多糖類の9割がフコイダンであることから、簡単に高純度のフコイダンを抽出し、精製可能なことが解りました。 また、沖縄県は、日本におけるモズク総生産量の90パーセント以上を占めているため、ミネラルをたっぷり含んだ良質のモズクを新鮮な状態で利用できます。 ■フコイダンはモズクからどれぐらいとれるの? 1gのフコイダンを抽出するためには、100gのモズクが必要です。 デパートで売られている「三杯酢 沖縄モズク」のパックから必要量のフコイダンを摂取するためには、毎日20パックを食べなければならないそうです。 これは辛い!



フコイダンエキス原末 カプセル【健康サイトカイン】
posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄フコイダン

<抜け毛>オキナワモズク(沖縄もずく)に抑止効果あると発表された、
オキナワモズクの製品です。



フコイダンは、現在もっとも注目されている健康素材のひとつです。

かなりの種類が販売されており、どの商品が良いのか迷うところですが
当社が「沖縄フコイダンをお薦めする」のは、根拠があります。

それは、実際の代替医療での実績、支持率がNO1ということです。

フコイダンの人気を作ってきた金秀バイオ株式会社。

まだまだ研究途上であり、未確認要素、およびそれ故に未知の魅力に溢れる
「フコイダン」

確実に、そして間違いの無い商品選びを心がけるなら迷わず
実績NO1 のオキナワモズク由来、金秀バイオ社性のフコイダンです。

「沖縄フコイダン」はモズク抽出物100% 1瓶に42gという高単位で
良質の安心フコイダンを含有しています。
沖縄フコイダン【バイタルβフコイダンSHOP】
posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フコイダンとは!

<抜け毛>オキナワモズク(沖縄もずく)に抑止効果あると発表された、
オキナワモズクの製品です。


■フコイダンとは!
 フコイダンとは、硫酸化多糖成分の総称で、モズクやコンブ、ワカメ、ヒジキ、メカフなどの海藻頬に含まれるヌルヌルを構成する主要成分の一つです。
 これまで海藻に含まれるヌルヌル成分に、近年新しく見出されたこの「フコイダン」という成分に多くの生理活性が確認されております。
 特に、沖縄モズクは、フコイダンの含有量が多く、コンブの5倍から8倍含まれておりますので、免疫の気になる方や生活習慣が気になる方に特に喜ばれています。
■製品は、顆粒タイプと粒タイプがあります。
あるある大事典で、このメーカーがフコイダンを提供!!



1注文あたり9000円以上で送料・代引き手数料当社負担 無料!!

品名 フコイダンエキス原末 顆粒
名称 モズク抽出物加工食品
原材料名 モズク抽出エキス末,乳糖(乳由来)、ブルラン
内容量 45g(1.5g×30包)
お召し上がり方 ■水またはお湯でそのままお召し上がり下さい。
■1日1〜3包を目安にお召し上がり下さい。
保存上の注意 高温多湿を避け、直射日光を避けて保管してください。
品質保持期間 製品パッケージに記載(2年間)



■栄養成分表示 (4カプセル中)
フコイダンエキス原末
 顆粒
(1包/1.5g当たり)

熱量 5.2kcal
たんばく質 0.02g
脂質 0g
炭水化物 1.3g
ナトリウム 29.5mg




■水またはお湯でそのままお召し上がり下さい。


■原材料に対してアレルギーのある方は、お避けください。


■顆粒の味
 カプセルでは味はわかりませんが、顆粒は、ちょうどインスタントのダシの素のような味です。 決して、不味い味ではありません。 そのままでお召し上がることをお勧めします。
 定期的に継続して摂取することが、非常に重要なことになります。
 であるならば、「味」が良いことに越したことはありません。

■海藻は嫌い
 という方は、カプセルをお勧めします。
 とくに、海藻の好き嫌いはないという方には、顆粒を強くお勧めします。


■沖縄モズク由来フコイダンはスゴイ!
 フコイダンはアラメ、ホンダワラ、コンブ、モズクなど多くの海藻頬に含まれていることがわかっています。
 しかし、オキナウモズク以外の海藻類ではフコイダン含有量が低く、抽出過程が複雑であるのに対し、オキナワモズクは多糖類の9割がフコイダンであることから、簡単に高純度のフコイダンを抽出し、精製可能なことが解りました。 また、沖縄県は、日本におけるモズク総生産量の90パーセント以上を占めているため、ミネラルをたっぷり含んだ良質のモズクを新鮮な状態で利用できます。

■フコイダンはモズクからどれぐらいとれるの?
 1gのフコイダンを抽出するためには、100gのモズクが必要です。
 デパートで売られている「三杯酢 沖縄モズク」のパックから必要量のフコイダンを摂取するためには、毎日20パックを食べなければならないそうです。 これは辛い!

■この商品は、どこで製造されているの?
 沖縄です。 メーカーは、「株式会社沖縄発酵科学」です。
 同社は、ISO9001:2000を取得しております。 
「ISO9001:2000」とは、
  ISOって、「国際標準化機構」のこと。
  9001って、「国際標準化機構が定めた品質に関する規格」のこと。
  2000って、「品質に関する規格」の2000年版(最新版)のこと。
 つまり、国際的な品質規格に合格した工場で、製造された製品であるということです。
 ISO9001:2000について、実際に私は、審査を受審した経験があり、厳格な項目をパスしなければ、認定されません。 その認定を受けていること自体が品質への信頼につながります。

フコイダンエキス原末 顆粒【健康サイトカイン】
posted by <抜け毛>沖縄もずく(オキナワモズク)に抑止効果! at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。